災害時優先供給事業

  • Home
  • 災害時優先供給事業

災害時の燃料の確保は大変困難です。

巨大地震が発生した場合、 インフラ網の復旧に時間を要し タンカー・タンクローリー・貨車タンク等での 長距離輸送が困難になると予想されます。

「3.11東日本大震災での石油不足」

2011年3月11日金曜日14時46分、東北沿岸を中心に起きた地震被害の為、元売りメーカーからの先の見えない出荷規制が発動されました。更に、関東地区のタンクローリー確保不能状態となり、ガソリン・灯油等が不足。災害地だけではなく、関東地区も大混乱が起きました。

災害時優先供給契約事業

災害状況により停電復旧が見込めない可能性のなか、電力の供給源である自家発電設備は事業継続の生命線となります。
当社では多様なお客様への燃料を安定的に供給サポートいたしております。

災害時優先供給契約のしくみ

停電時も、自家発電電源装置完備で、給油可能